埼玉県川越市 不動産鑑定評価

ハクキンカイロ

2020年12月27日

今年は冬がやたら寒く感じ、ハクキンカイロ(1923年の発明品、サイズ10cm)を買いました。ハクキンカイロと言えば、私が子供の頃はよく見かけましたが、現在では使い捨てカイロに取って代わられ、あまり見かけることがなくなりました。子供たちは勿論のこと、妻も知りませんでした。燃料となるベンジンと白金の触媒の化学反応によって熱が発生するため、火が付くことはなく、安全で、しかも最大20時間以上温かさが持続します。さっそく使ってますが、もう手放すことができなくなりそうです。