埼玉県川越市 不動産鑑定評価

信号無視について

2019年7月19日

今日、市役所前の横断歩道の歩行者用信号機が赤信号だったので、立ち止まっていると、年配の夫婦(らしき二人組)が対面からやってきて、左右を見て、車が来ていないことを確認すると、赤信号を無視して、横断していました。ちょっと目には、安全も確認できたし、誰にも迷惑をかけていないのだから、そのくらいは良いのではと思うかもしれません。でも、本当にそうでしょうか。私はもしかするとそうではないような気がします。辺りにいる、あるいは周りの建物の窓の中からそれを見ている子供がいるかもしれません。子供は大人の言ったようにするのではなく、大人のやったようにするものです。これを見た子供がどこかで信号無視をして、事故にあったとしたら、この夫婦のやったことは罪深いことだったのではないかと思うのです。安全ならば渡りたくなる気持ちは解りますが、私は以前「こんな考え」が頭に浮かんでからというもの、信号は必ず守ることにしています。私の考え方は行き過ぎでしょうか。